年収の3分の1以上でも借りれるのは銀行系カードローンだけ|総量規制対象外のカードローンNAVI

年収の3分の1以上でも借りれるのは銀行系カードローンだけ

財布を持つ女性のイラスト

今では、消費者金融でお金を借りる人が増えていると言います。

 

消費者金融であれば、無人契約機やインターネットから簡単に申込みをすることが出来ます。

 

お金を実際に借りるときや返済するときも、自社のATMはもちろんのこと提携しているコンビニエンスストアのATMでお金を借りられるところも少なくはありません。
非常に利便性に優れた消費者金融ですが、消費者金融の企業努力ではどうにもならないことがあります。

 

それは「総量規制」の問題です。

 

消費者金融が普通にお金を貸し出すとき、どうがんばってもその人の年収の3分の1以上のお金を貸し出すことはできません

 

総量規制の基準はあくまでも収入によって決まるものですので、その人が高級な車を持っていようが高額の株券を持っていようが関係ありません。
その人の収入がゼロであれば、消費者金融はお金を1銭たりとも貸すことが出来ないのです。
お金を貸すのが主な事業である消費者金融にとっては、非常に歯がゆいところではありますよね。

 

一方で、銀行のカードローンであればそんな歯がゆい思いをしなくてもいいのです。
最近では、銀行のカードローンも消費者金融並みの利便性を身につけ、しかも金利は消費者金融よりもずっと有利です。

 

そして何より、銀行のカードローンは年収の3分の1までしか貸せない総量規制の対象外なのです。

 

銀行としては、カードローンを入口として、その先にある住宅ローンなどのローン商品、その他金融商品などへも興味を持ってくれればいいと考えています。