金利について|総量規制対象外のカードローンNAVI

住信SBI銀行の「Mr.カードローン」は低金利

カードローンやキャッシングの業者を選ぶ際には、いくつかのチェックポイントがあります。

 

そのうちのひとつが限度額であるのは言うまでもありません。
自分の希望額以下の限度額しかないような貸金業者でお金を借りるのは、得策ではありませんので。

 

しかし限度額だけではなく、それ以外のチェックすべきポイントと言うのがあります。

 

そのうちのひとつが、金利です。
金利の数字が大きく、借りている金額が多いほど、発生する利息の金額は多くなってしまいます。

 

それは総量規制対象外のカードローンでも同じことで、せっかく借りられる金額が多くても金利が高ければ、返済すべき利息は多くなってしまうのです。
ですので、消費者としては金利の低いカードローンやキャッシングを選びたいところですね。

 

では、金利の相場と言うのは一体どれくらいなのでしょうか。

 

総量規制対象外の銀行のカードローンの場合、その金利は年5パーセントから15パーセントの間と見ておくといいでしょう。
最近では、これよりもさらに低金利で貸し出しているところも多いものです。

 

中でも住信SBI銀行の「Mr.カードローン」は秀逸。
その金利がなんと、年利1.89パーセントから7.99パーセントだというのです。
例えば限度額が1000万円で100万円を借り、30日間利用したとするとその間の利息は1553円と言う計算です。

 

消費者金融でも総量規制対象外の商品はありますが、概して金利は高い傾向にあります。