総量規制対象外のカードローンの限度額|総量規制対象外のカードローンNAVI

総量規制対象外のカードローンの限度額

限度額について考える女性のイラスト

総量規制対象外のカードローンなどをつかえば、収入との関係を気にすることなくお金を借りることが出来ます。

 

しかし、だからと言って、無制限にカードローンでお金を借りることが出来るというわけではありません。
もちろん、総量規制対象外のカードローンでさえも、限度額というのは設定されています。

 

実は、総量規制対象外の商品というのは、銀行だけのものではありません。

 

消費者金融の中にも、総量規制対象外の金融商品があるのです。

 

銀行と比べれば、消費者金融のほうが気軽にお金を借りられるイメージがありますよね。
しかし、気軽にお金を借りられるイメージがあるからこそ、借りることが出来る金額はあまり多くないものです。
総量規制対象外の消費者金融の金融商品を利用しようとすれば、その限度額は500万円程度が一般的です。

 

しかも、500万円を誰しもが利用できるというわけではありません。
その人の収入で返済能力を見極め、現在他社からの借入件数や借入金額がどれくらいあるのかを見て、返済のめどを確認します。

 

一方で銀行のカードローンの場合には、大手銀行やネット銀行などで500万円以上の限度額を設定していることが多いです。

 

メガバンクですと、800万円から1000万円もの限度額を設定していることがあるのです。

 

もちろん、それだけのお金を借りようとすればそれだけ審査が厳しくなるのはいうまでもありませんが。

 

とはいえ、多額のお金を借りられる可能性があるのは非常にうれしいことです。